プロフィール

ジョー

Author:ジョー
ジョーブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
世界の中心-エアーズロック-
10月16日、やっとの思いでアリススプリングスに到着しました。アリススプリングスについては次回、ご紹介することにし、今日はエアーズロックです。’世界の中心で愛を叫ぶ’という映画でより多く日本に知られるようになったエアーズロックです。なんか、その映画を見てエアーズロックに行ったみたいな口ぶりですが、その映画は見てない。ただ、話題になってたということだけ知ってる。
ともかく、エアーズロックって世界の中心という例えがどうかと思ってたけど、ワクワクドキドキの気持ちでその一枚の岩を迎えた時、自然とうなずいてしまった。

特に僕は、広い広いオーストラリアの中心部を列車で駆け抜けてたどり着いたこともあってか、その存在の意味をよくわかるようになっていた。周りに海が近い国だと水平線という言葉がよく出るけど、このドデカイ国は地平線という言葉をもっと口にしてるだろう。ただぴろいこの国の中心部の砂漠には何にもない。そんなところに、一枚の巨大岩のみがそびえてるだけ。アボリジニーの男にとってエアーズロックは最も神聖な場所らしい。未だに、聖地として管理されており、場所によっては写真撮影すら禁止されている。
IMGP1854-s.jpg
アリススプリングスに到着する前夜の夕日。少し、アフリカのサバンナぽっかった。

IMGP1903-s.jpg
この岩です。どかのWebから取ってきた写真素材ではありません。僕が直接、収めたエアーズロック様です。

IMGP1909-s.jpg
当然、その前で記念撮影!

IMGP1922-s.jpg
珍景であるwaterfall(滝)です。当然、普段のエアーズロックに滝はありません。僕は本当についていた思います。エアーズロックに到着する直前まで雨が降っていたようで、一時的な滝を見ることができたのです。ガイドによるとラッキー中のラッキーらしいっす。

IMGP1955-s.jpg
それに極めつけは、レインボーでした。見れました。それもエアーズロックのすぐ上。こんな光景はガイドも見たことないと絶句でした。この写真は本当に宝中の宝です。

IMGP1928-s.jpg
小さすぎて見えないかも知れませんが、人が登ってます。そのでかさがよく分かる写真じゃないでしょうか。

IMGP1933-s.jpg
さすがに登ってはませんが、エアーズロックの周りを一周しました。2時間ぐらいかかりました。今まで、エアーズロックを登る途中、35人ぐらい死んだらしい。なんか妖怪が口を開けてるみたいなところでした。

IMGP1944-s.jpg
地元のアボリジニーの子供らが雨が降った後、出来た滝下の池で泳いでました。雨が降ったらアボリジニーの子供らは自転車に乗ってすかさず、この池に駆けつけて来るらしいです。正確には男の子らですが。。。気持ち良さそうだったな。

IMGP1939-s.jpg
上の池の近くにある昔アボリジニーの壁画です。

IMGP1941-s.jpg
その壁画にある模様の意味を説明してありました。

IMGP1969-s.jpg
エアーズロックから見た夕日です。夕日を見ながらシャンペインを飲みました。最高の贅沢でしたね。

IMGP1974-s.jpg
翌日の朝、見たエアーズロックです。翌日も曇っていて日の出はちゃんと見れなかったです。

では、今日はこのへんでお別れしましょう。
スポンサーサイト


2006.10.17 Tue | 卒業旅行 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。