プロフィール

ジョー

Author:ジョー
ジョーブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
シドニーでの大晦日
とうとう、今年の大晦日を迎えました。それも、シドニーで。。。
韓国・日本以外の海外で大晦日を迎えたのはここで3回目です。香港、ロンドン、シドニー。。うん、自分で考えてもすごいと思います。
贅沢? いい経験? よく分かりません。
それはともかく、本論に戻りますと、シドニーでのどのように過ごすか、ツアー仲間達と別れる前に約束してありました。シドニーに残っている仲間で集まって新年のカウントダウンをしようと。
その場所は、世界的に有名なシドニーの新年カウントダウン花火が見れるオペラハウス前でした。
新年のカウントダウンは当然日付が変わる午前0時ですが、花火は2回に分けてやってました。31日の午後9時に1回花火を打ち上げるのです。前夜祭みたいなもんでしょうね。9時の花火は10分で終わっちゃいました。それも、普通の花火。ただ花火を空中に打ち上げただけでした。それで、カウントダウンの花火も同じような花火かなと思っていましたが、それが、違ったのです。 さすが、評判通りの仕掛け花火ショーでした。ハーバーブリッジからオペラハウスの前からと、あちらこちらできれいな花火が打ちあがってきれかったです。 一時は、9時の花火が終わったら宿に帰ろうかなとも思いましたが、見といて良かったと思いました。そのままの感動を伝えられないのが残念です。
下の写真で少しかは感じてもらえたらと思います。




まだ、昼4時なのに場所確保に向かう人達。


IMGP1276-s.jpg

待ってる人達へのサービス? まだ明るい時間帯に飛行機で雲を作っていろんな会社の宣伝をしてました。携帯メーカのSAGEM。。いくら払ってるんだろう。。。

IMGP1288-s.jpg

やっぱり、花火を取るのは難しいっす。見事にぶれてます。ハーバーブリッジ側の花火です。


IMGP1289-s.jpg

オペラハウス側の花火です。

スポンサーサイト
2005.12.31 Sat | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
クイーン・ビクトリア・ビルディング
シドニーを見てまわった中で一番印象に残ったクイーン・ビクトリア・ビルディングです。この中だけでもかなり楽しめました。建物の外や内部から英国の雰囲気が漂う素敵な建物でした。 また、建物の外からは想像できないぐらい多いショップやカフェテリア、そして一番の醍醐味は重さ4トン、高さ10mという世界最大のつり時計です。まさに、芸術作品でした。必見の価値ありです。シドニーにいらっしゃる時は逃さず行ってみてください。



まだ、クリスマスツリーがありました。建物の中央を下から天井を突き抜けたような作りになっていました。実際は突き抜けてませんけど。


IMGP1258-s.jpg

一番上の階に上がったらこんな感じでした。


IMGP1248-s.jpg

下から見上げたつり時計。

IMGP1264-s.jpg

メインのつり時計ではありませんが、違う時計がもう一つありました。

IMGP1267-s.jpg

メインのつり時計を遠くから撮影。

IMGP1266-s.jpg

その時計をズームアップ。

2005.12.30 Fri | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
2日間の贅沢
事情ありで、2日目は快適なホテルで過ごせる事になりました。2日間だけで、またしょぼいバックパッカーの宿に戻りましたが。。。
バックパッカーの宿は、あまりにもひどくて写真を取る気も起こりませんでした。写真はないです。そこでは、夜になったら戻って寝ただけですわ。
でも、2日目のホテルはバックパッカーの宿に泊まってたからか天国のようでした。それで、写真を。。。



TVも液晶、それにインターネット付き。。。嬉しかった~


IMGP1193-s.jpg

きれいで広いベッドでしたわ。

IMGP1189-s.jpg

日本でも愛用していた電気ポットもありました。お湯が沸いたら自動的に電源が切れて便利です。


2005.12.29 Thu | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
シドニーシティー観光
シドニーに着いた27日は、疲れてあまり宿から出かけず、家に無事に着いたという電話だけ入れて終わりました。今まで散々いろんなところを見回って来たので、シドニーにあまり興味が沸かなかったのもありました。ぐっすり寝たおかげか、次の日はシドニー観光する気に少しなり、朝9時からシドニーシティー内を歩きであちらこちら行ってまいりました。シドニーってもっと大きい街のイメージがありましたが、実際まわってみるとそんなに大きくなかったです。ほぼ、1日でほとんど見まわる事ができました。歩きでほとんどのシティー内がカバーできます。
分けて写真をアップするのが、面倒くさいので一気にアップします。



セントメリーズ大聖堂です。ま、大きいです。


IMGP1157-s.jpg

シドニータワーです。海抜324.8mらしいです。金がもったいなくて登ってはないです。

IMGP1162-s.jpg

ブリッジクライムツアーとして有名なシドニー・ハーバーブリッジです。遠くから見ただけですが、橋のアーチを歩いて登ってる人達が見えました。

IMGP1167-s.jpg

説明の要らないオペラハウスです。ホリデー中は休館だったため中は見れなかったですが、外は大した事なかったですわ。

IMGP1198-s.jpg

シティーホールです。役所には見えないですよね。


IMGP1201-s.jpg

セントアンドリュース大聖堂です。セントメリーズ大聖堂よりサイズ的にはちっちゃかったですが、歴史は1年ほど早いらしいっす。


IMGP1209-s.jpg

中国庭園です。中には入ってません。金が。。。

IMGP1216-s.jpg

ただの道案内標識です。赤色でええな~と思って撮っちゃいました。

2005.12.28 Wed | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
シドニー到着、14日間の旅も終了
とうとう、予定していた14日間の旅が終わりを迎えました。あまり、周りの仲間達と英語が通じず、それがストレスとなっていたのに。。。早く終わらないかなって思った事も多かったんですが、いざ終わりだと思うと寂しい。逆に団体で行動していたので、みんなを頼っていて安心感もあったと思います。でも、これからは全て一人でこなさなければならない。日本に行った最初は、家族もいたし、まだアジアの文化であったため、これ程の不安と寂しさは感じていなかったと思う。でも、ここはほとんど馴染みのないウェスタン国なのです。なんか、やっぱリズムが違うような気がして早く馴染めるかどうか不安です。
結局、バイロンベイから10時間かかって午後6時頃、シドニーに着きました。みんなと別れて予約していたバックパッカーズホテルに行き、チェックインしました。安いホテルだと分かってはいたのですが、これがまたひどい。シドニーの年末は世界各国の若者達が多数クリスマスホリデーを過ごすため、集まります。そのため、この時期は宿がほとんど空いてないようです。僕が泊まったホテルもこのちゃんすを逃すまいかと下にあったコーヒーショップを宿に改装し、客w受け入れたようですが、2段ベッドを7個置いただけでした。つまり、15人部屋でした。何の飾りもない。。。2段ベッドが7個なのに何で15人部屋?と疑問に思う人がいると思いますが、一番遅くチェックインした人は地面にマットレスのみで寝てました。



シドニーに入る時に見えたオペラハウスをバスの中から撮影。


2005.12.27 Tue | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
バイロンベイにてサーフィンデビュー
ついに憧れていたサーフィンにデビューしちゃいました。恐らく、サファーの道に進めるような気がします。
なぜ? 初めてのくせに周りが驚くほど、うまく波に乗れたんです。自分も俺って凄いなと思いました。
さすがに自分が波に乗っている姿は撮れず、他人がサーフィンしているしか見せれなくて残念。



サファーの町として世界的に有名なバイロンベイで波に乗れて本当に幸せ~


2005.12.26 Mon | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
クリスマスプレゼント
クリスマスの前にツアー仲間達でお互いクリスマスプレゼントをする事にしてました。プレゼント費用の上限10ドルまでで、誰が誰にプレゼントするかは、紙に皆の名前を書いてくじ引きのように引いてをプレゼントする相手を決めました。幸い、誰も自分にプレゼントする羽目はなかった(^^)a
結局の僕のプレゼントは下のようにわさび味のマカダミアナッツでした。自分に誰がプレゼントしたのか分からないはずでしたが、わさび味という事で、唯一の日本人の女の子が僕の名前を引いた事が分かってしまいましたけどね。




2005.12.25 Sun | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
ニューサウスウェールズ州へ突入
とうとう、クィーンズランド州からニューサウスウェールズ州に突入を果たした。やっとシドニーへのゴールが近くなってきましたね。
今日は、クリスマス。ツアーリーダ(バス運転手さん)の家でクリスマスバーティをやってもらう事になりました。ツアーリーダの家は目的地であるバイロンベイの宿泊先からすぐでした。バスで30分もないぐらい。クリスマスには、ほとんどの店が営業をやらないため、ちょうど良かったと思います。地元のホームクリスマスバーティが経験できて良かったです。
そのあと夜遅く帰ってきて寝たけど、そのよるには予期せぬ事が。。。



州の境界線を越える前にワンカット! ドイツ人の友達にクールと言われた。。。このクソ暑い日に。。。


IMGP1125-s.jpg

バイロンベイの宿泊先の外観


IMGP1145-s.jpg

内部はこんな感じ。。。


IMGP1141-s.jpg

ツアーリーダ実家の庭でリング投げをやった。なんて健全な。。。

2005.12.25 Sun | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
ゴールドコスト-2日目
前の日、遅かったため、ゆっくり起きて9時半頃に朝食を取りました。今までは、ツアーリーダの手作り朝食でしたが、ここでは初めてホテルの朝食が食べれました。なんか、リラックスできて久々にまともな朝食を食べたって感じでした。ホテルがちょっとよくなっただけでゴールドコストが良い町のように思えました。食べ物って、本当に大事ですわ。


朝食の後、豪州で一番高いビルに登りました。名前はQ1。高さ322.5mで、世界で20番目に高い建造物だそうです。
IMGP1091-s.jpg

IMGP1083-s.jpg

ゴールドコストの長いビーチが一目に。。。

2005.12.24 Sat | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
ゴールドコスト-1日目
ブリスベンを経由し、ツアー10日目であの有名なゴールドコストに着きました。砂浜としては、フレーザアイランドの方がきれいで希望が大きいですが、大きく違うのは、島じゃない事と多くの人達が海水浴を楽しんでいるとこでした。また、町も高いビルやショッピングモールもそこそこあってビーチ以外の事も楽しめます。


ディナーに行くためにツアー仲間達がホテルのロビーに集まってます。

IMGP1072-s.jpg

ディナーの後にディスコクラブに行き、飲んで踊りまくりました。
夜1時半頃まで。。。あ~疲れたよ(T T)


2005.12.23 Fri | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
Lovelyブリスベン
とうとう、僕の留学地となるブリスベンを経由しました。2時間という短い滞在でしたが、想像および評判通りって感じで良かったです。
豪州人のツアーリーダもしきりにLovelyブリスベンを連発していました。自分も大好きなんだって。
2時間しか時間がなかっため、一通り町を観光できるフェリーバスに乗りました。ブリスベンは町の真ん中を大きい川が流れているため、水上バスやタクシーが発達していました。利便性はともかく、町の雰囲気がなんとなく分かったので良かったです。


IMGP1058-s.jpg

IMGP1054-s.jpg

IMGP1060-s.jpg



2005.12.22 Thu | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
フレーザアイランド-その2
4WDツアーのターニングポイントでの写真です。
いつも事やけど、きれいっていう事しかありません。車から降りて崖を登ったらこの絶景です。そこでワンカット撮りました。
なんか、格好わるい。腰が引けてる。。。


IMGP1002-s.jpg

IMGP1005-s.jpg



2005.12.21 Wed | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
フレーザアイランド上陸
ツアー8日目です。蚊との格闘で居心地の悪かったCapricorn Cavesのロッジを後にし、フレーザアイランドに着きました。
フレーザアイランドは、知ってる人もいると思いますが、島全体が砂でできているんです。なのに、森が茂ってる。どういうこっちゃ。俺もよく分からない。とにかく、綺麗な砂浜(ビーチ)が100km以上続いてるんです。島内でのツアーとしては、その100kmのビーチを4WDの車で駆け抜けながら、途中の観光ポイントを見て帰ってくるというのが、メインです。
途中の観光ポイントで気に入ったのは、湖です。島全体が砂なのにきれいでそこそこ大きい湖がいくつもあって快適に泳ぎもできるのです。ビーチでは泳がないのか?だれも泳いでる人はいませんでした。なんで?とガイドに聞いたら波が高く、人食いサメが多いからだって。
それはともかく、湖での泳ぎが気持ち良くて僕も海で泳ぐ気がしませんでした。



IMGP0921-s.jpg


IMGP0943-s.jpg


IMGP0950-s.jpg


IMGP0952-s.jpg


IMGP0953-s.jpg



2005.12.21 Wed | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
Capricorn Caves
この旅もちょうど半分が過ぎました。7日間に一番きつかったのは、やっぱり英語でした。ツアーリーダの英語がほとんど聞き取れない。豪州英語は、昔からハエが多いせいで、あまり口を開けて話さないそうです。それと今回のツアーリーダは喋るときにカッコウつけるタイプで特に他の豪州の人より聞き取りにくい気がしました。ちゃんとハッキリしゃべろ~といつも言いそうになります。結局は言ってないけど。
Capricorn Cavesには、フレーズアイランドに行く途中に寄ったって感じのとこでした。なぜ?ロングアイランドからフレーズアイランドまでにその日に着かないぐらい遠いからです。
で、何十か何百万年か英語のガイドでよく分からなかったのですが、昔できたという洞窟を見て、1泊だけ山のロッジに泊まりました。僕は山があまり好きじゃありません。蚊が多いから。。。
写真は、Capricorn Cavesに行く途中のサービスステーションにあったアイスクリーム屋さんとその屋根に住んでいるという名前の分からない動物です。アイスクリーム、まじでうまかったっす。
もう1枚は、泊まったロッジの前に群がっていたカンガルーです。











2005.12.20 Tue | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
ロングアイランドでのカラオケ
ロングアイランドの最後の夜、ツアーの仲間達でカラオケ大会をしました。このツアーは参加するのに年齢制限があって若者だけです。一応年齢制限は35歳まで。
僕も歌ったか?いや、歌ってません。歌いたいけど、日本や韓国の曲があるわけありません。まともに最後まで歌えるポップソングも持っていないし。
ただ、ビールをちびちび飲みながら、みんな(欧米人)が熱唱するのを聞いて見ていました。ま、みんな遊びがうまい。歌はうまくなかったけど、欧米人の遊びには余裕ってもんを感じます。適当に遊んでてもなんか絵になるし。。。
で、アジア人がまねてもしょうがないし
IMGP0865-s.jpg



2005.12.19 Mon | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
しょぼいクロクダイル サファリー
ロングアイランドでの滞在は3日間ですが、来る前のアクティビティで疲れていたので、18日はゆっくりと過ごしました。ビーチで寝たり、ちっちゃいボートを自分で漕いで島の周りを回ったりと疲れを取る事に重点を置いて過ごしました。
で、タイトルのクロクダイルツアーを3日目に申し込んで行ってきたんですが、これが宣伝とは違ってしょぼかったのです。でっかいクロクダイルが見れるよと言われて行ったのに、全部みたクロクダイルの数も3匹しか見れてないし、ほとんどがちっちゃい赤ちゃんのクロクダイルでした。まったく迫力が感じられなかったツアーでやられたと思いました。後で一緒に行った仲間に優しい英語で説明してもらえましたが昔あった湖が乾いてなくなってから大きいクロクダイルが見れなくてなったそうです。昔の写真など見せてもらいましたら確かに大きいクロクダイルや豊かな自然があったようでした。残念。。。
ランチが付いているツアーでしたが、他のアクティビティのランチよりは美味しかったです。多分、主催者側も気つかったでしょうね。
IMGP0796-s.jpg


IMGP0817-s.jpg


IMGP0827-s.jpg

IMGP0831-s.jpg



2005.12.19 Mon | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:6
ウィットサンデー諸島のロングアイランド
4日目のウィットサンデーとです。ケアンズからコーチ(バス)で8時間走ってやっと渡船のある港に着きました。最初は知らなかったのですが、移動のバスのコーチと言っていました。最初は意味が分からなくて、何を指導するのかと思いました。
ロングアイランドでは、別のグループと合流しました。この別のグループはシドニー出発のグループで、いくつものグループが期間を分けて出発するので、中間地点でどこかの場所でいつも合流できるようになっていました。何かにとって効率いい事があるんでしょうね。食事とかホテルの団体割引が聞くとか。。。
IMGP0786-s.jpg


IMGP0787-s.jpg


IMGP0793-s.jpg



2005.12.17 Sat | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
Good bye ケアンズ
ケアンズでの最後の夜は、町の中心部にみんなで出かけました。町のほとんどの人が日本人でした。ショップの店員もその客も日本人って感じです。 また、あの有名な大橋巨泉のGiftショップもありました。ケアンズまでは日本から直行便もあるためか、ハワイのように日本人町を形成しているようです。
写真は、町中心の公園で火を回す大道芸をやってる人々です。
IMGP0770-s.jpg



2005.12.16 Fri | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
グレートバリアリフ(GBR)
3日目は、グレートバリアリフでのセイリングでした。セイリングだけでもよさそうに見えますが、グレートバリアリフでの醍醐味はやっぱり、美しい珊瑚礁と魚が見れるシュノーケリングでしょう。スキューバーダイビングもありましたが、英語でレッスンを受けないといけないというだるさがあったので、やめときました。
それで、シュノーケリングを楽しむはずでしたが、溺れかけて死ぬ(?)とこでした。なぜ?ゴーグルが小さくて顔に合わなくて水が入ってきたのです。焦りました。すぐ、ゴーグルをはずして自力で泳いで船までいきました。普段、日本でプールで鍛えておいてよかったと思いました。
その後、ちゃんと僕の顔に合う大きいサイズ(?)のゴーグルを見つけてもらって思う存分シュノーケリングを楽しみました。



TS310479-s.jpg



2005.12.16 Fri | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
アクティビティの始まり
2日目に入って本格的にオプションのアクティビティが始まりました。言葉通り、オプションなので参加は自由ですが、雰囲気的には何かのアクティビティに参加せざるを得ません。???参加しなかったらホテルに一人でボーっとしてるか、どっかに一人で出かけないといけません。特に僕みたいに英語の下手な人だと当然、行動範囲も狭くなるし、貴重な1日を楽しめるとは限らないと思います。それで、僕はラップティングを選びました。その他にスカイダビングもありましたが、値段も高く、僕は高いところがあまり好きじゃありません。一応、僕は空軍除隊してます。(^^!)
ラップティングの所感ですが、まま良かったです。思ったよりそんなに激しくもなかったし、インストラクターの言う通りに行動したら楽勝でした。うちのインストラクターはTomという人でしたが、面白い人でした。僕がミスすると韓国語でバボと言ってました。バボって日本語で言ったらアホです。恐らく韓国人の客が多いんでしょうね。
一番きつかったのは、時間の長さでした。朝から始まって終わったのが夕方でしたからね。途中で昼食を取ったり、川の流れが穏やかなところでは、泳いで下ったりしました。
2番目にきつかったのは、日焼けです。時間が長い分、たっぷり日焼けしてしまいました。日焼け止めを塗ったけど、塗りの甘いところが見事に焼きあがっていました。



IMG_0037-s.jpg



2005.12.15 Thu | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
ケアンズ初日
豪州&ケアンズ初日からいきなり、コアラを見に行きました。
見た感想?なんでか日本のCMを思い出しました。あれ、コアラが自分の鼻を取って電話するCM。。。

IMGP0748-s.jpg


IMGP0749-s.jpg



2005.12.14 Wed | ケアンズ発の旅 | T:0 | C:0
すきな食べ物
韓国に帰ったらいつも真っ先に食べる料理です。
韓国に一度でも旅行した事のある人なら見た事があるでしょう。
真っ黒の。。韓国のジャージャー麺です。
見た目は悪いが、一旦嵌ったら虜になります。
僕は子供の時から一番すきな食べ物の1位座を守っているヤツです。

またそれに、ホットクです。昔は見た目が白かったんだけど、最近のホットクはキツネ色になっていました。作り方を見ると油で揚げるような感じでした。 昔は、油を薄くひいて焼く感じで、まだ白い生地が見えてました。
味は美味しかったけど、昔の味のホットクも懐かしいな~
TS310350-s.jpg

TS310355-s.jpg



2005.12.12 Mon | 韓国 | T:0 | C:0
韓国実家の市場風景
オーストラリアに行く前に韓国の実家に寄りました。1年半ぶりなので、町の風景に変わりはないのか、散歩を兼ねて市場まで行ってスナップ写真を撮ってみました。韓国人には珍しくないのですが、日本にはないキムチ用として売っていた白菜です。どうですか?迫力満点?
TS310344-s.jpg

TS310343-s.jpg

白菜の山



2005.12.12 Mon | 韓国 | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。