プロフィール

ジョー

Author:ジョー
ジョーブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
雨季到来か

あまり雨の降らないブリスベンですが、最近曇りがちで雨もよく降ります。今日も朝からいきなり降ってきました。おそらく、本格的な夏に入る前の雨季なのでしょうね。雨は降ってるけど、気温が暖かくて気持ちいい雨です。とても穏やかで気持ち的に落ち着くんですね。

子供の時は、雨の日はオンドルの上で本を読みながらチチミを食べるのが、一番幸せを感じるひと時でしたね。懐かしいな~。その時のような気分になれる雨ですね。まじで久々に感じる気持ちいい雨ですわ。



スポンサーサイト
2006.09.10 Sun | 豪州のあれこれ | T:0 | C:0
【追悼】クロコダイル ハンター Steve Irwin事故死

日本でも知ってる人多いと思いますが、オーストラリア動物園の名物園長だったスティーブアーウィンが本日、事故死しました。ケアンズ沖の海岸でドキュメンタリー番組の撮影中にエイに襲われて死亡したそうです。エイに襲われるって滅多にないらしい。似たような事故例が2件報告されてるぐらい。彼のようなエキスパートがどうしたんでしょう。信じられない。

とても、残念です。僕が日本にいた時に好きだった“たけしの世界丸見え”という番組でオーストラリアを代表するクロコダイルハンターとして紹介されていたので、オーストラリアに来る前から彼の事は知っていました。クロコダイルハンターでありながらもクロコダイルを愛し、保護活動やクロコダイルの生態などの広く普及させようとした人でした。

僕は、まだオーストラリア動物園にまだ行ってませんが、彼の顔を印刷した動物園ツアー用観光バスを道でよく見かけてました。知ってる顔だったので、オーストラリアに来た最初はどんなに心を和ませてもらったか。。。残念で言葉が出ません。もう、オーストラリア動物園に行っても彼には会えない。おそらく、動物園としても大打撃でしょう。彼を目当てにくる観光客がほとんどだったはずなのに。

彼の冥福を祈ります。


2006.09.04 Mon | 豪州のあれこれ | T:0 | C:0
英語って
どうしたら上手って言われるんだろう。結構、多くの人が発音を気にしてると思う。発音と言ってもいろんな捉え方があるでしょう。たとえば、単語ひとつでも正しい発音で発声できるかとか、やっぱ今の時代は英語より米語の方が主流だから英語や豪語は発音的にイントネーション的にやめといた方がよいとか。。。のような考え方を持っている人や意見を言う人を見ます。

確かに僕もオーストラリアに来る前にはそう言った不安もあった。でも、こっちで勉強して、また少しずつではあるが英語も上達してくると大事なのは発音ではなかったことに気づいたんです。ま、最低限の発音はできないといけませんが、もっと大事なのは英語らしい言い方をつなげて喋れるかどうかです。一例として中東からの学生らって僕からすると英語の発音にアラブ語のなまりがかなり影響してて聞き取りづらいんです。でも、先生ら(ネイティブ)はちゃんと聞き取って会話らしい会話を彼らとやるんです。最初はあまりにもひどい発音である意味彼らを同情してたんですが、それは僕の勘違いで彼らの英語の方が僕の英語より上なのです。

ネイティブの人たちが嫌う(聞き取りにくい)英語は、複雑な言い方です。文章でもそうです。Confusingだとすぐ言われます。よく使われている言い方をシンプルにポンポンと話さないとネイティブはすぐ首を傾げます。そういう表情を目の当たりにすると僕の英語はさらに複雑になっちゃいますが。。そういう時は深呼吸をしてシンプルな言い方を話そうと心がけないとその場は脱出できません。

言語は考えたらだめだという事を分かっていながらも、考えずに話せるぐらいまでには至ってなく、どうしても考えてしまう。考えすぎると複雑な言い方になってしまうし、英語って難しいなとつくづく感じます。

短い時間で最大の効果を得るために、必死にやってるつもりだけど、何かひとつのハードルをクリアするとまた別のハードルが用意されているんです。今の感触ではネバーエンディングストーリのように感じます。いつか征服できる日は来るんだろうか。



2006.09.03 Sun | 豪州のあれこれ | T:0 | C:0
花火、花火、そして花火


今日はブリスベンのRiver Fireデーでした。大掛かりの花火大会がメインですが、今日は花火だけでなく、戦闘機の低空飛行やアクロバット飛行機による曲芸ショーなども行ってました。以前、紹介したことありますが、ブリスベンは頻繁に花火大会を行う町です。夏のシーズンなら、ほぼ毎週末見られました。
でも、今日は1年に1回のRiver Fireデーという位置づけに相応しく相当な力の入れ具合でした。ブリスベン中心地の周りは川が流れており、今日の花火はその川に沿って数箇所で行われたせいで、360度花火だらけでした。おまけに360度から煙も漂ってきました。町中が煙に覆われるぐらい。
060902_1931~01.jpg
上の写真のように町のど真中にある高いビルからも打ち上げられてました。火事とかの心配ないんですかね。


2006.09.02 Sat | 豪州のあれこれ | T:0 | C:0
雨、雨、そして雨
最近、雨季のように雨の日が続いてます。おそらく、冬の終わりを告げる雨なんでしょうね。この雨ですが、オーストラリアではとても貴重なものです。オーストラリアは土地が広く、自然的にも恵まれている豊か国のイメージがありますが、水不足が深刻です。まだ、人口2000万人の国ですが、年々移民や留学生らで居住者が増え続けているので、水不足に拍車をかけてる模様です。

水不足と言いながらも水遊びが好きな人たちが多いため、一戸建ての家ならプールを持つ家も多いんです。さらに、その中で問題なのがオーストラリアの水には塩分が多く含まれている事です。乾燥化や土地質などが重なってる事が原因です。それで、Desalinationという技術が進んでます。Desalinationというのは、海水から塩分を除去することを意味します。実際、海水から真水をつくる施設もありますが、塩分が多く含まれている地下水に適用してるケースもあるみたいです。

とにかく、今回の雨はオーストラリアにとって意味のある雨に間違いないでしょう。
でも、サッカーができない僕にはうっとうしい雨かも。。。

2006.09.01 Fri | 豪州のあれこれ | T:0 | C:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。