プロフィール

ジョー

Author:ジョー
ジョーブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
卒業しちゃっいました
昨日、無事卒業できました。あっ、まだコースパスの可否が残ってるから卒業じゃないか。もし、Failとなったらただの修了ってことになります。その可能性もありますが。。。(真っ青)

期末試験、とにかく難しかったです。特にリスニングのテストが難しくてほとんど人がテスト後、顔が真っ青になってました。Failになる人、多いんじゃないかな。

とにかく、授業内容のきつかったEAPが終わって一応ホッとした気分にはなりました。これで、オーストラリア大陸縦断の旅に出かけるのみです。もう、手配もすべて終えてしまいました。前回の旅行の時とは違って全て自分でプランを立てなければならなかったので、しんどかったです。

一番、しんどかったのが、The Ghanという世界唯一の大陸縦断列車のタイムテーブルとローカルツアーと時間を合わせるのがとにかく大変でした。The Ghanのダイヤが本当に少なくて次の列車に合わせてツアーを組まなければなりませんでした。でも、ツアーも列車の時間に合わなかったり、もう定員になってたりして、もう駄目かなと思いましたが、何とかスケジュールに合ったツアーが見つかって滑り込んだ形でした。

旅行ルートは次の通りです。

ブリスベン → メルボルン → アデレード → アリススプリングス → エアーズロック → アリススプリングス → ダーウィン → ブリスベン

です。日数としては、11日間ぐらいでしょうか。12日出発して23日にブリスベンに戻る予定です。

手配は大変でしたが、英語を使い、ここまで自分ができるとは思いませんでしたので、 ちっちゃいけど、やり遂げたっていう感動がありました。ただ、悔いはスケジュールの調整がうまくいかず、出発がちょっと遅くなったことでしょうか。月曜日に出発したかったのに。。。

では、行って来まーす。

スポンサーサイト
2006.10.07 Sat | 学校生活 | T:0 | C:0
学校、最後の週
今週で、学校もとうとう最後の週を迎えました。最後の試験も控えてますけどね。EAPコースって大変でしたけど、その分、成長した分も大きかったと感じました。毎日、忙しく過ごした12週間でしたね。それで、その期間もあっという間に過ぎたような気がします。

最後の試験は、木曜日の終日行われます。で、金曜日卒業式があって終わりです。卒業式はフリーランチ付のようで、無条件出席でしょう。多くの学生が卒業式に参加しないんですけね。もう金曜日に自分の国に帰る学生ら多いですからね。また、大学が始まる来年の2月に戻って来るみたいですけど。

僕は、学校が終わったら1ヶ月間ぶらぶらと豪州中を旅行しまくるつもりです。もう、悔いのないように全部旅行を終えてから日本に帰るつもりです。


2006.10.02 Mon | 学校生活 | T:0 | C:0
円形脱毛?
どうしよう。恥ずかしい。後ろ頭のくび辺りに円形脱毛みたいになってます。大きい。直径1.5cmはある。原因は、2週間前に肌の炎症によるデキモノがありました。大きいデキモノで痛かったけど、ほっといたら自然と治ったんですが、昨日散髪をしたらそのデキモノがあった場所に円形脱毛みたいに毛が生えてないんです。2週間も経ってるのに。今までは髪の毛が長かったので気づかなかったわけです。

困った。毛がまた生えたら何てことないんですが、永遠に生えなかったらこれは大問題です。痕が大きすぎて後ろから見られたら、これはマヌケです。マジックペンで黒く塗っといた方がいいんかな。

2006.09.12 Tue | 学校生活 | T:0 | C:0
挫折する人しない人
最近、周りで英語に挫折し、自分の国に帰ることを決める人たちがいます。何それって? みんな結局は自分の国に帰るんちゃうん。それがね、違う状況の人たちがいるんですよね。彼らは移民目的で来ていた元看護士の人たちです。オーストラリアは、不足する職業を分類して優先的に永住権を与えているため、元看護婦の人たちが結構来ているんです。

それはそれで良いんですが、看護士免許取得までのハードルが高いんです。英語能力は言うまでもなく必須であることは間違いないですが、さらにオーストラリアの看護士免許を取得が必要です。そのためには、オーストラリアの大学の看護学科を卒業しなければなりません。元看護士だから特別に何かの優遇があるわけでもなく、あるとしたら、編入ができる事と実技試験に有利なことですかね。編入も短大以上の学校を卒業してないとそれもできないし。

それで、彼らは思うように英語の伸びを自分で感じられなくなると挫折して自分の国に帰ることを決心するわけです。最初、彼らがオーストラリアに来ることを決心した時は、勤めていた病院もやめ、その間貯めてたお金を使って来てるのに、中途半端な状態で帰るんです。

で、その中でも挫折せずに黙々とやってる人たちもいます。英語のスキル的に挫折して帰る人たちと大して変わらない。どちらかといえば、挫折して帰る人たちの方が英語の実力があったりします。英語の上達を感じられないのは結局みんな同じなのです。黙々と最後までやった人たちは、編入に成功し、目標が達成するのを良く見かけます。

彼らの根本的な違いは何でしょう。僕が考えるには、性格的なことが大きいんだと思います。挫折する人は、普段の行動もイライラしやすい人たちが多いんです。それと目標と期待が大きすぎた人たちも挫折しやすいような気がします。多くの事に通用することだと思いますが、特に語学はあまりにも先の事を考えたらよくないと思います。毎日、与えられる課題をコツコツとこなしていくことが何より大事じゃないんでしょうかね。

2006.09.06 Wed | 学校生活 | T:0 | C:0
試験、試験、そして試験
いや、まいった。最近、毎日のように試験ばかりです。EAPコースって英語の勉強というより試験の勉強みたいなコースです。

毎日やることって、月曜日に火曜日の試験のために模擬試験をやるんです。そして火曜日に本当の試験を受ける。そして水曜日に木曜日の試験のために模擬試験を。。。こんな感じです。だから、毎日が試験なのです。

なんでそんなに試験が多いのか?それは、日本のようにコースの最後に一発の試験で生徒を評価せず、何回に分けてするからです。つまり、1回のテスト結果ごとに5%ずつ総合成績に反映されるんです。細かいテストが10回あって合わせてそれが50%。そして最後の期末テストみたいなやつが50%という構成になってます。

それで、細かいテストを若干失敗しても最後のテストで軌道修正できるため、そんなにテストの恐怖心はないのですが、毎日のように続くとジャブのように効いてきて精神的に疲れるんです。

昨日は、それがピークだったようで、夕方7時から寝て今朝7時に起きるようなことになってしまいました。宿題もせず。。。

先生には事情を説明して許してもらえたけど、宿題をしないと授業についていくのがまた大変なんです。先生とは関係なく、宿題は自分のためにもやらなくちゃ。でも、昨日はまじでしんどかったわ。

2006.08.31 Thu | 学校生活 | T:0 | C:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。