プロフィール

ジョー

Author:ジョー
ジョーブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
アリススプリングス
エアーズロック周り2泊3日巡礼を終え、アリススプリングスに戻ってきました。戻ってきて2泊もしました。正直、アリススプリングス自体に見所はなく、できるだけ早くダーウィンに出発したかったです。でも、The Ghan(トレイン)の出発日が2日後でしたから仕方ない泊りでした。合計3泊もした町を何の紹介もなく通り過ぎるわけにはいかないので、簡単にご紹介することにしましょう。

アリススプリングス駅です。The Ghanから降り立って最初にあのキャンメルの像を見た時、まじで感動してました。格好よかったす。浪漫を感じましたね。エアーズロックの玄関口にふさわしい駅でした。

TS310970-s-s.jpg
アリススプリングスからエアーズロックに向かう前にラクターファームに寄ったことがありました。

TS310969-s-s.jpg
ラクター以外の動物もちらほら。

TS310958-s-s.jpg
ハハハー、ラクターファームでの醍醐味は、やっぱキャンメルライディングでしょう。あんな感じでも僕も乗りましたよ。

TS310962-s-s.jpg
2匹並んで歩くんですが、最後の50メートルぐらいは走ってくれるんです。よく覚えてないんですが、料金は6ドルぐらいだったと思います。
TS310954-s-s.jpg
アリススプリングスの中心にあるテントのような造型です。一番の繁華街でしたけど、さびしかったですね。みんな各地に散らばって旅に出かけるだめ、アリススプリングスで長期滞在し、金を使う人いなさそうです。
TS310956-s-s.jpg
町の通りもこんな感じです。
IMGP2100-s-s.jpg
僕が泊まったバックパックスホテルです。施設はままでしたけど、中心地までちょっと歩きます。あまりお勧めできないかも。

TS310952-s-s.jpg
バックパックから中心地まで歩く途中に変わった造形物があったので、収めてみた。

TS310951-s-s.jpg
大都会と違ってアボリジニの人たちをよく見かけられるようになります。でも、みんな外に出て何にもしてないんです。ただ、座ってるだけのように見えました。仕事がないみたい。彼らの多くが観光資金の援助をもらってて生活に困ることはないらしいけど。。。

IMGP2093-s-s.jpg
僕はオーストラリアのバスが好きになり、できるだけ各地のバスの写真を撮るようにしてます。アリススプリングスのバスの色彩がよかったです。おそらく、アボリジニ芸術を取り入れたんでしょうね。

IMGP2095-s-s.jpg
郵便局です。ここから家族にハガキを送りました。

IMGP2089-s-s.jpg
エアーズロックのキャンピングから戻ってきたその夕方、一緒だったキャンプ仲間で夕食をとりました。おいらのルーク兄ちゃんと僕にやさしかった親子です。あの娘さんはブリスベンで医者をやってるって言ってましたね。

IMGP2075-s-s.jpg
その夕食をとったレストランで蛇のショーがありました。希望者には大型蛇を首にのけってくれるんです。
IMGP2086-s-s.jpg
当然、僕も乗っけましたよ。蛇の感触ですが、意外と肌が硬かったです。それに冷たかった。。。

TS310955-s-s.jpg
アリススプリングスで一番の収穫、、いやいや、、、驚きがありました。世界で一番うまい中華屋を見つけたことです。ショッピングモールの中にあるフードコートにありましたが、まじでうまかったです。ただ、米が食べたく、安かったので食べましたが、それが意外や意外と美味しいんじゃありませんか。僕の人生で食べた中華の中で一番うまかったです。僕にとって、まさに砂漠のど真ん中で見つけたオアシスでした。(感動の涙!)あのブラックビーンと炒飯、そして卵スクランブルは、一生わすれません。

では、次回はいよいよこの旅の最終地ダーウィンです。では、ご期待ください。


スポンサーサイト
2006.10.20 Fri | 卒業旅行 | T:2 | C:1
キングスキャニオン
どうも、すみません。また、ずいぶん更新を休んでました。別になにがあったわけでないんですが、理由を言えば、学校じゃないとインターネットが使えないことですかね。毎日、学校に行くことってそれ自体に飽きてました。
では、また更新を続けられる元気ができましたので、卒業旅行の続きを報告させてください。
今日は、キングスキャニオンです。キャニオンといえば、米国のグラウンドキャニオンが最初に浮かぶでしょう。グラウンドキャニオンには行ったことないですが、このキングスキャニオンより遥かにドデカイ規模に間違いないでしょう。(←写真や映像でグラウンドキャニオンのイメージは大体つかんでる。でも、いつかは行ってみたい。)
米国のものに及ばないことが確かでも、見ごたえはずいぶんありましたね。さすが、キャニオンと言って良い景色でした。ま、僕の最初のキャニオンではありましたが。。。

IMGP2047-s-s.jpg
キングスキャニオンに向かう途中にマウンティンコーナーというところがあります。エアーズロックからキングキャニオンに行く道の分岐点です。

IMGP2034-s-s.jpg
マウンティンコーナーから見た景色1です。遠くに見える平地ですが、白くなってます。昔は海だったらしい。それで、塩気があって白く見えてるようです。
IMGP2041-s-s.jpg
あの遠くにデカイ一枚岩が見えます。でも、エアーズロックではないです。名前忘れたわ(笑)。許してね~
IMGP2058-s-s.jpg

キングスキャニオンに向かうバスの中で撮ったキャニオン地域に入った最初の景色でした。ずっと、平地の砂漠ばかりでしたが、いきなりこの景色が飛び込んできた時は、思わず、“うおー”と叫びましたね。
TS311027-s-s.jpg
キングスキャニオンに登る前の入り口です。他のブッシュワーキングと違うのがありました。3時間コースとのこと。今までは2時間コースがほとんどだったのに。。。

TS311028-s-s.jpg
登る途中、風が強いんだ。だから、気をつけないと落ちて死ぬかも知れないよっとおいらを脅迫してるガイドのルーク兄ちゃんです。

TS311032-s-s.jpg
じゃー、出発だー!
TS311036-s-s.jpg
アボリジニが顔のペインティングをやる時に使う塗料があることを説明してくれてるルーク兄ちゃんです。
TS311046-s-s.jpg
景色1です。
TS311050-s-s.jpg
景色2。
TS311054-s-s.jpg
おいらのルーク兄ちゃんは、疲れを知らないようだ。

TS311058-s-s.jpg
キングスキャニオンの周りが昔、海だったことの証拠をルーク兄ちゃんが見つけてくれた。生物と波跡の化石である。
TS311059-s-s.jpg
景色3。
TS311063-s-s.jpg
反対側に渡るための階段?橋?の順番を待ってる仲間たち。
TS311064-s-s.jpg

TS311069-s-s.jpg


TS311075-s-s.jpg
その橋を渡った反対側にはこんな池が。。。
TS311078-s-s.jpg
天然のダックが寂しそうにひとりで休んでました。でも、この写真じゃ見えないね。ごめんなさ~い。

TS311079-s-s.jpg
悔しかった。僕も水着を用意していたら絶対、泳いでたわ。

TS311080-s-s.jpg
階段を下りてきたということは、帰りに上りがあるということを皆さん忘れないようにしましょう!

TS311081-s-s.jpg
景色4。

TS311087-s-s.jpg
若者らは、景色の良いところで、写真撮るのにはしゃいでました。俺はもうできない。
TS311094-s-s.jpg
そう思いながら、俺は静かにキングスキャニオンの空を飛んでました。
TS311088-s-s.jpg
こんな景色の上をね。。

TS311102-s-s.jpg
頂上にはこんな変わった景色も。。

TS311107-s-s.jpg
3時間の当山が終わる頃、おいらのルーク兄ちゃんが山トマトを見つけて説明してくれました。時間つぶしのように感じたのは俺だけだったんだろうか。。。
TS311108-s-s.jpg
その山トマトです。思いっきり、灰色に乾燥してました。元々、灰色のトマトの可能性もありかも。聞いておけばよかったと悔やんでる今日です。

では、今日はこの辺でお別れです。次回は、アリススプリングスに戻ります。では、では。

2006.10.20 Fri | 卒業旅行 | T:0 | C:0
カタジュタ
カタジュタもエアーズロックと同様、1枚の岩だったらしい。でも、今はいくつの丸い岩がくっ付いてる形になっています。それで、カタジュタとはアボリジニの言葉で「多くの頭」を意味するらしいです。

僕、個人的にはエアーズロックよりよかったです。最初、見たところは、夕日を見ていたエアーズロックからでしたが、遠く見えていたカタジュタはとても幻想的で、ロードオブザーリングやハムナプトラー(Mummy)の背景を思わせるところでした。

TS311015-s-s.jpg
バスが邪魔だけど、それなりにカタジュタの雰囲気は出てると思います。

IMGP2000-s-s.jpg
じゃー、みんなでブッシュワーキングの出発です。


IMGP2003-s-s.jpg
本当に山頂が丸々してるんです。かわいい。韓国にも似た山があります。馬耳山という山です。興味のある方はネットで調べて見てちょー。


IMGP2008-s-s.jpg
好きな写真です。芸術写真ぼっく撮ってみました。こんな感じで2時間歩くんです。

IMGP1998-s-s.jpg
うちのガイド兄ちゃんが途中、形式ではあったがカタジュタについて熱心(?)に説明してます。ルークという名前の兄ちゃんでした。

IMGP2021-s-s.jpg
みんな同じ茶色。。。

IMGP2023-s-s.jpg
こっちも茶色。。。


IMGP2027-s-s.jpg
もうちょっとで、オアシスが。。。実際は水のペットボトルで演技を。。インディージョーンズになったような気分を味わって見たかった。

IMGP2028-s-s.jpg
岩の絶壁にもちょっとだけ、登ってみました。みんなから“まだまだ。もっと登れ~そうじゃないと登ってるように見えない”という罵声も。。。

IMGP2032-s-s.jpg
とにかく、こんなもんですわ。

次回は、キングスキャニオンです。では、お楽しみに~


2006.10.19 Thu | 卒業旅行 | T:0 | C:0
キャンピング
エアーズロックの醍醐味は、ただ巨大岩を見ることだけではありません。ツアーに参加した時点でキャンピングは欠かせないアクティビティーになります。自然と環境保全のためにエアーズロック周りにまともな現代式建物はほとんどありません。形式的にはキャンピングが強制になってるけど、もしキャンピングじゃなくホテルの中で泊まってのツアーだったら逆にツアーの価値は半減したに違いない。

TS311026-s-s.jpg
ツアーのミニバスと仲間たちです。


IMGP1879-s-s.jpg
キャンプに着く前に焚き火に使う木の枝を集めたため、手が真っ黒でした。砂漠なので、焚き火の枝は豊富でした。それに、100%乾燥していてよく燃えそうやなと思いながら拾ってた。


IMGP1884-s-s.jpg
キャンプ場に着いて早速、ランチーの用意をみんなでやりました。
IMGP1886-s-s.jpg
フランスから来た女の子(クリスティーナーって名前だったな)がバーガーを焼いてくれました。


IMGP1885-s-s.jpg
雨が降る時のために屋根付きのテントも用意されてましたね。

TS311020-s-s.jpg
夜になってキャンプファイヤーの始まりです。歌とゲームがあった素敵な夜でしたね。その後、寝袋に入って焚き火の周りで寝るのです。
TS311022-s-s.jpg
明るい時に見たらこんな感じのキャンプ場です。


次回は、エアーズロックと並んでユニークな、大小36の岩からなる奇石群のカタジュタ(オルガス)を連載することにします。

2006.10.18 Wed | 卒業旅行 | T:0 | C:0
世界の中心-エアーズロック-
10月16日、やっとの思いでアリススプリングスに到着しました。アリススプリングスについては次回、ご紹介することにし、今日はエアーズロックです。’世界の中心で愛を叫ぶ’という映画でより多く日本に知られるようになったエアーズロックです。なんか、その映画を見てエアーズロックに行ったみたいな口ぶりですが、その映画は見てない。ただ、話題になってたということだけ知ってる。
ともかく、エアーズロックって世界の中心という例えがどうかと思ってたけど、ワクワクドキドキの気持ちでその一枚の岩を迎えた時、自然とうなずいてしまった。

特に僕は、広い広いオーストラリアの中心部を列車で駆け抜けてたどり着いたこともあってか、その存在の意味をよくわかるようになっていた。周りに海が近い国だと水平線という言葉がよく出るけど、このドデカイ国は地平線という言葉をもっと口にしてるだろう。ただぴろいこの国の中心部の砂漠には何にもない。そんなところに、一枚の巨大岩のみがそびえてるだけ。アボリジニーの男にとってエアーズロックは最も神聖な場所らしい。未だに、聖地として管理されており、場所によっては写真撮影すら禁止されている。
IMGP1854-s.jpg
アリススプリングスに到着する前夜の夕日。少し、アフリカのサバンナぽっかった。

IMGP1903-s.jpg
この岩です。どかのWebから取ってきた写真素材ではありません。僕が直接、収めたエアーズロック様です。

IMGP1909-s.jpg
当然、その前で記念撮影!

IMGP1922-s.jpg
珍景であるwaterfall(滝)です。当然、普段のエアーズロックに滝はありません。僕は本当についていた思います。エアーズロックに到着する直前まで雨が降っていたようで、一時的な滝を見ることができたのです。ガイドによるとラッキー中のラッキーらしいっす。

IMGP1955-s.jpg
それに極めつけは、レインボーでした。見れました。それもエアーズロックのすぐ上。こんな光景はガイドも見たことないと絶句でした。この写真は本当に宝中の宝です。

IMGP1928-s.jpg
小さすぎて見えないかも知れませんが、人が登ってます。そのでかさがよく分かる写真じゃないでしょうか。

IMGP1933-s.jpg
さすがに登ってはませんが、エアーズロックの周りを一周しました。2時間ぐらいかかりました。今まで、エアーズロックを登る途中、35人ぐらい死んだらしい。なんか妖怪が口を開けてるみたいなところでした。

IMGP1944-s.jpg
地元のアボリジニーの子供らが雨が降った後、出来た滝下の池で泳いでました。雨が降ったらアボリジニーの子供らは自転車に乗ってすかさず、この池に駆けつけて来るらしいです。正確には男の子らですが。。。気持ち良さそうだったな。

IMGP1939-s.jpg
上の池の近くにある昔アボリジニーの壁画です。

IMGP1941-s.jpg
その壁画にある模様の意味を説明してありました。

IMGP1969-s.jpg
エアーズロックから見た夕日です。夕日を見ながらシャンペインを飲みました。最高の贅沢でしたね。

IMGP1974-s.jpg
翌日の朝、見たエアーズロックです。翌日も曇っていて日の出はちゃんと見れなかったです。

では、今日はこのへんでお別れしましょう。

2006.10.17 Tue | 卒業旅行 | T:0 | C:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。